乾癬の症状は季節によって軽快と悪化を繰り返すことも知られています。

夏に軽快し、冬に悪化するというサイクルで、これは乾癬症状の原因や改善を見るための材料となるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

乾癬の季節要因

乾癬は、湿度が高く日光の強い夏場には症状が軽快し、湿度が低く乾燥しやすい冬には症状が悪化する傾向があります。

要因としては季節というより、主に気温と湿度と紫外線量が関係していて、南国旅行では軽快するけど、北国旅行では悪化するという傾向もあるようです。

乾癬は冬に悪化

乾癬は冬に悪化するのが一般的です。

理由としては、湿度の低さからくる乾燥と、紫外線量の低下でしょう。

乾燥肌となると皮膚の代謝が早くなり、角質が生み出されるので乾癬症状を悪化させる要因となります。

また、乾燥によってかゆみも強くなるので、外的要因として結果的に症状を悪化させてしまいます。

紫外線には乾癬症状を改善する効果が確認されていますので、紫外線量の低下や服装などによっても体が浴びる紫外線量は著しく低下し、乾癬症状への悪化原因ともなってしまいます。

スポンサーリンク

乾癬は夏に好転

乾癬症状は夏になると好転します。これは冬に悪化する要因とそのまま逆ですね。

湿度が上がることによって皮膚代謝が抑えられ、かゆみも弱くなることによって症状が軽快します。

紫外線量も増え、服装も軽くなることにより、浴びることのできる紫外線量も増加します。

季節の変わり目はストレスに注意

季節の変わり目は、乾癬にとって直接的に影響はありませんが、ストレスや環境の変化による体調管理に気を付けてください。

外気や環境の変化の影響によって体調を崩すことも多く、ストレスも肌にとってよくないことも多いので一時的に乾癬症状が悪化することもあるかもしれません。

ストレスや体調を崩すというのは、乾癬だけに限りませんが基本的に悪性因子となってしまうことでしょう。

乾癬とストレス
2017.11.27
乾癬の原因の一つにストレスがあります。乾癬に限りませんがストレスは万病のもとですね。 乾癬の症状自体がストレスになって悪化する原因ともなってしまうので、そのスパイラルはどこかで断ち切らないといけません。 乾癬の治療や意識付けでストレスを減らしていきましょう。 乾癬とストレス 社会生活を続けるうえでス...…

乾癬の地域差は?

乾癬の発生には地域差も関係があると思います。特に緯度による季節や気候環境の違いは大きいのではないでしょうか。

乾癬の患者数は総人口の2%ほどですが、スウェーデンだと3%に及び、この理由は不明とされていますが、北欧に乾癬患者が多いのは季節や気候によるところもありそうです。

また、乾癬は白人に多く有色人種に少ない傾向が見受けられますが、これは遺伝関係の他に紫外線の吸収量の違いもあるのではないでしょうか。

普段は乾癬症状が出ているが、ハワイ旅行に行くと症状が治まるといった例もあり、これは気候的な要因が大きいのかもしれません。

日常から解放されたストレス面も関係している可能性もありそうですけどね。

保湿で乾燥を防ぐ

乾癬にとって乾燥は悪化要因となるので、室内環境での湿度管理や保湿による肌ケアはぜひ行ってください。

重要なのは加湿器や保湿クリームなどですね。

加湿器はアレルゲン除去、保湿クリームはアレルギーを考えられたものを使うのがおすすめです。

家電に関しては年々の進化が早いので、時々の機能に応じて選んでいってください。

保湿クリームは、アトピーの痒み対策をも考えられた、アレルギーや皮膚炎に対応したものがいいでしょう。

保湿は痒み対策としてもおすすめですので、かゆくなる前に保湿を常にしておくというのも重要です。

こちらのオージェンヌは、アトピー性皮膚炎でもスキンケアをするための無添加化粧水ですので、お風呂上りなどのスキンケアで肌に潤いを与えてあげてください。

皮膚科の先生と共同開発の化粧水オージュンヌ


こちらのADリッチクリームは、アトピー性皮膚炎でも使用されている無添加の保湿クリームで、かゆみ止めとしてもおすすめです。

リピート率92% 乾燥敏感肌クリーム《初回半額!》


化粧水と保湿クリームは乾燥対策だけではなく、お肌の美容としても一般的ですのでぜひお試しになってみてください。

乾癬におすすめの化粧水と保湿クリーム
2017.11.27
乾癬だけに限りませんが、皮膚の保湿というのは肌ケアの基本となってきます。 乾癬は内側からの治療をメインとしていくべきですが、外側からのケアも並行することで、乾癬症状やかゆみの軽減が期待できる面もあるでしょう。 肌のケアといえば、化粧水や保湿クリームの使用が一般的ですが、アレルギー体質や皮膚炎について...…

まとめ

湿度や紫外線量は乾癬の症状に大きく関係していると考えられます。

これらは外的要因のため、根本的な治療は体内からの改善ということが重要ですが、症状のコントロールをできるということにも繋がるでしょう。

光学療法による紫外線照射も治療のひとつとして大きな効果が期待されていますし、この分野の研究が進むことによって乾癬の原因や治療法の確立にも期待したいものですね。

また、湿度のコントロールも加湿器などによって可能です。乾癬症状のコントロールのひとつとして、こういった外的要因を整えることも重要ですね。

乾癬治療方法と完治への道はこちらでまとめていますので、合わせてぜひご参考ください。

スポンサーリンク
乾癬基礎知識の関連記事
  • 目の乾癬
    目とまぶたの乾癬
  • 肘と膝の乾癬
  • 乾癬性関節炎
  • 乾癬は治る?治らない?
  • 乾癬の初期症状
  • 乾癬患者数や年齢